再び、耐震診断を

蔦の絡まる洋館
(カラスはオブジェじゃありません。本物です。)

横浜は、レンガや石造りの建物が多く、戦災や関東大震災にも負けず、今もそのままの姿で、さりげなく建っています。

歩き、風景を眺め、その空気の中に居られるだけで、幸せを感じます。

この前の日曜日、築50年の建物の耐震診断をしました。

こちらは、典型的な木造の日本家屋。

また、このお宅は、私が、耐震診断士になってまもなくの頃、約10年前に一度診断をしているのです。

今回は、耐震診断が当時と比較してかなり精密になりましたので、ご主人様が、基礎の状態を心配されていることもあり、床下の点検も兼ねて、改めて診断することとなりました。

屋根裏の梁は、松の丸太で組まれています。

壁は、竹で編んだ下地に土と藁を混ぜ合わせ塗られた木舞壁、最近では、めっきり見られなくなりました。

まず、シックハウス症候群など発症しない、究極の自然素材の建物。

久々に職人が丹精込めて建てられた日本の建物を見ることができ、点検していて、ウキウキ、ワクワク、大変うれしい耐震診断でした。

10年前の診断と比べてどのような結果になるか?
診断結果が出ましたら、報告します。

関連記事

PAGE TOP