17年過ぎました

17年前の今日、
阪神淡路大震災。

当時3歳だった子が、
二十歳になったとインタビューに答えていました。

震災が起きた時には、
心の底から怖さが湧き上がってくるような映像が、
毎日、毎日テレビで流されていなのに…

もうすっかり影が薄れてきているということに気付きます。

今日のテレビ番組も、
NHKで震災の題材の番組が組まれている他は、
ニュースで取り上げられるくらいで、
震災の日である今日であっても、
その事を中心にした番組は、
かなり少なくなっています。

昨年の東北での大津波、
過去には、同様の津波が来たと、
記録や言い伝えが残っています。
もちろん、その過去の情報を真摯に受け止め、
ずっと記憶していた人の多くは助かっています。
そして、多くに人を助けてもいます。

忘れないこと。
伝えること。

私は、
この悲惨で大変な震災を2度も目の当りにしました。
そして、それを将来に向けて語り伝えていくこと。
それが、務めである。
と、今日改めて感じたことです。

濱田 泰之

関連記事

PAGE TOP