二度目の耐震診断

東京大学の地震研究所の研究チームによる

『4年以内に、マグニチュード7クラスの地震の起こる確率、 約70%』 と、
報道されたためか、ただ今耐震診断や地震に関する問い合わせが、増えています。

今日は、2件の無料耐震診断を行いました。

床下潜って、天井裏に上がってを2件やると
なかなかの疲労度です。
これで少しは痩せればこんなに良いことはないのですが、
こちらの方は、なかなかそうはさせてもらえません。

今日の診断の2件内お一人の方は、
過去10年ほど前に耐震診断と改修工事を行っています。

(以前取付けた柱と基礎を結ぶ補強金物です。
この診断と一緒に、これの取付の点検も一緒に行いました。)

現在では、住宅耐震診断の診断書が大幅に改良されました。
より詳細な情報が、診断書に反映せれます。

そこで、以前受けられた方も再度診断を受ける様にすすめています。
そして、金物の再点検も一緒にさせて頂きました。

屋根裏
構造部の接合金物も当時の建物としては、きちんとついていました。
断熱材もきっちり入っていまして、当時のお父様の心意気が感じられます。

こちらのお宅は、大工さんだったお父様が一生懸命建てた家。
壊して建て替えるには忍びなく、特に、お母様が建て替えに大反対!
という事情もありまして、このまま、大事に住み続けるとのことです。

(床下は、若干の湿気があり、場所によってはカビも少し発生していました。)

今回の診断結果が、前回の結果とどの程度の誤差がでるかわかりませんが、現在の診断の方が、建物の状況をより考慮したものとなっているので、以前より正確な診断の結果ががでますので、それも踏まえて、長く住み続けて頂けたら嬉しいです。

濱田

関連記事

PAGE TOP