耐震補強工事

本日より、耐震補強工事が始まりました。

補強の内容は、建物四隅の引抜け(跳ね上がり)の補強と、
壁の耐震補強です。

今回の補強工事後には、
この建物の耐震診断の評価が、

『倒壊の可能性が高い』

『一応倒壊しない』

耐震の安全基準である、建物の耐震性の評価点を1.0ポイント以上になります。

壁の補強は、建物強度のバランスと密接に関係しているので、
補強する場所を間違えるとかえって建物の強度を弱めてしまう場合もあるので、
強度の計算をしながら、慎重に取付位置を決めてから行います。

耐震診断士  濱田 泰之

関連記事

PAGE TOP