耐震診断を実施しました。

昭和53年(約35年前)に建てられた、木造2階建ての建物の耐震診断を行いました。

築35年とは言え、外観的には塗装もきちんとされていて、とても35年前の建物には見えません。

金物の取付についても 当時の建物では、釘で留められているのが多いですが、
こちらのお家は、ボルトで留められています。
(ボルトの方が、地震の際に金物が引抜けることが少なく、強度が高くなります)

く、強度が高くなります)

ですが、心配な点が・・・

外壁部分で、雨漏りがしていそうな箇所が何ヶ所かありました。

窓と外壁の間に1cm程度のすき間が空いています。
防水がされていないので、雨が壁内に入っている可能性があります。

換気の吹き出し口のカバーが付いていません。
外壁に10㎝ほどの穴が空いたままになっています。
風の強い時には、 横殴りの雨水が入っていると考えられます。

耐震診断の結果は、評点:0.33点(倒壊する可能性が高い)となりましたが、それよりも、雨水が建物内に入ってきていることの方が大問題です。

雨漏りは、木を腐らせ、シロアリの発生の原因となります。

木造住宅の長持ちのポイントは、建物内に、湿気を入れないことです。

関連記事

PAGE TOP