隙間に遊び心を・・・

久々のブログです。
今回は紹介したいと思っていた施工事例をご紹介します。

リフォームの打ち合わせは、内容によっては打ち合わせが大変長いものになりますが、ご提案したものをベースにお客様と打ち合わせを重ね、長い工事を経て完成を一緒に喜ぶ。その過程そのものに喜びがあります。

プランナーとしては更に、ちょっとした遊び心やデザイン提案を喜んでいただけたときなどは、この上なく嬉しく感じます。

さて、こちらは夏にリフォーム工事を行いましたお宅の一部分です。

ベーシックでナチュラルな木目調でまとめられた明るいインテリアで、訪問するといつも奥様が明るく迎えてくれます。

リフォームにあたっての奥様のリクエストの一つが、写真左の籐のキャビネットを通路側の収納内部に埋め込むことでした。

しかしキャビネットにぴったりで無駄のないスペースを制作すると微妙な隙間が出来てしまうのが悩ましいところです。

置き家具の為のスペースを作る際検討したい事は「今後買い替えの可能性はあるか」という点が真っ先に挙げられますが、今回は敢えて写真中央の大きな観音扉の左を開けた所をこのようにしてみました。

このような隙間は通常塞いでしまうか、籐の家具スペースを大きくすることが多いです。しかし今回は隙間を小物収納スペースにしました。

この用途以外にもマグネットボードや、ホワイトボードなど、生活感が出てしまう部分を入れ込んでしまうことも出来ます。

ここはダイニングルームですので、比較的浅めの収納が重宝することもあり、提案を喜んでいただきました。

マンションには意外なところにデットスペースが隠れていることがあります。

解体して発見することもありますが、そのスペースを実用性もある遊びとして活用できたら、暮らしの楽しさがもう一つ増えると思います。

佐々木

関連記事

PAGE TOP