助成金を活用した耐震補強工事(基礎編)

川崎市では、耐震強度が不足している木造住宅に対して補強工事費用の補助金制度があります。

今月、その補助金制度を活用した耐震補強工事を行っています。

補強工事は、まず基礎工事から始まります。

基礎の造り方は、基礎のベースとなる砕石の厚さ、鉄筋の入れ方やコンクリートの調合など、基準が詳細に決められています。

必要な深さまで地面を掘り込み、コンクリート基礎が沈まないように、砕石を敷き込みしっかり付き固めます。

砕石の厚さをチェックします。

既存のコンクリート基礎に鉄筋を打ち込み、新しいコンクリート基礎としっかりつなぎます。

鉄筋の組み方は、太さ、間隔など細かく決まられていますので、それに合わせて造っていることを写真を撮って記録しておきます。

途中経過の写真を撮っておくことはとても重要です。

基礎が完成しました。

コンクリート基礎は、建物の支えるための強度が必要ですので、規定通り以上に造ることに専念して進めていきます。

関連記事

PAGE TOP