電気工事と内装工事はセットがオススメです

こんなことないですか?

「ちょっとここにコンセントを増やしたい」
「スイッチはこちらの方が使い勝手がいい」

でも電気の工事は残念ながら、ただ単に配線して終わりというわけにはいかないんです。

こちらはキッチンのカップボードのために配線をした後の壁です。

ちょこちょこと壁に穴があいているのがお分かりいただけると思います。

コンセントやスイッチのための配線は壁の中を通っているので、壁に穴を開けながら配線をします。

仕上がりとして、どうしてもこのままというわけにはいきません。

こちらの壁もこのあと壁紙を張り替える予定です。

内装工事の際にはコセントやスイッチも!

この数十年で電気を使う製品はどんどん増えています。

蛸足配線になってしまっているお宅も多いのではないでしょうか?

こんなことになってはいませんか?

キッチンだけでも電化製品はかなりの数になります

電気はもはや生活の一部で使い勝手を意識していないことも多いですが、実はすごく使いにくい状況を我慢していることも多いです。

そして工事の関係上、電気工事を行うと内装工事が必要になるケースが殆どです。

使い勝手に合わせた位置や器具などのご提案をさせていただきますので、壁紙などの工事をされる際には電気工事も是非ご検討下さい。

関連記事

PAGE TOP