耐震診断を行いました。

先月の末にも福島沖で震度5の地震があり、その後の津波の発生について心配しました。
日本国内でも頻繁に地震が起きていますが、世界的にも多く発生しているように思います。
やはり、地球が活動期に入っているということなのでしょうか? 

先日、木造住宅の耐震診断を行いました。
築年数は、約38年の旧耐震基準(昭和56年以前)の建物です。
この頃建てられた建物は、当時の建築基準により、どうしても現行の耐震基準には満たない家が多いのは否めません。

屋根裏の写真です。

雨漏りもなく、ネズミなどの害獣などの形跡も無く、普段生活する上では問題ありません。

同じく屋根裏の写真です。

柱、梁、火打ち、筋交いなどの構造材を写しています。

この当時の建物の特徴ですが、構造材同士のつなぎ方法が、ほぞ入れ(片側の木材に穴を掘り、もう片側の木材に突起を作り、差し込んで留める方法) または、釘打ちです。

それでは、大きな地震の揺れに耐えきれません。

上の写真のように、構造材同士のつなぎ部分の強度が極端に不足していることが、何より一番危険な原因です。

実際にこの当時の家を震度7で揺らした実験を行っています。
その実験では、発生から約8秒で家の1階部分がつぶれてしまいました。
8秒でです。

これでは逃げようにも逃げる時間がありません。

木造住宅は大地震に備えて補強さえして、あと、きちんと定期的に修繕していれば100年でも住めると私は思います。

それほどの高い技術で建てられています。
継手や仕口(木材同士をつなぐ技法)の技術など見ていると本当に見事なものです。
釘やねじを1本も使わないで固定されています。

このような技術は特別なことではなく、普通の住宅でも使われています。

このような日本の伝統技術を大切にしていきたいものです。

濱田 泰之

 

関連記事

PAGE TOP