サイディングの外壁改修

築20年のお宅の外壁改修工事を行いました。

窯業系サイディングの外壁です。
一見きれいで、メンテナンスはまだ必要ないように見えます。
ですが、よく見ると20年間風雪に耐えた証が見受けられます。

サイディングの目地のコーキングが、ひび割れ、脱落しています。

雨水が侵入し、雨漏りの原因になります。

このように劣化した目地コーキングは、既存のコーキングを撤去してから改修を行うことが、おすすめです。

劣化したコーキングの上からコーキングを打ち足しした場合、コーキング材は、表面に薄く付くだけなです。

そのため直してすぐはきれいですが、すぐに劣化してしまします。

コーキングを打つ前には、必ずプライマー(密着性をよくするための透明な溶剤)を塗ります。

これにより防水性がアップします。

外壁に近い色に調色したコーキング材を注入します。

そして、表面を撫で付けます。
コーキング材を置くまで押し込み、さらに余分な部分をこすり取ります

今回の改修工事では、途中2回も台風が通過しました。

暴風雨に見舞われましたが、問題なく無事に完了できてホッとしています。

濱田 泰之

関連記事

PAGE TOP