結露対策 結果

以前もご報告しました物件が完工しました。

マンションの結露といいましても、住戸の場所により様々です。
今回の物件は、マンション1階の角部屋でしたが、1階部分は下から地熱による影響も受け、また、角部屋は、外部の壁が2面で、2方向から外気にさらされてしまいます。

床の断熱工事もご検討されておりましたが、今回の物件は、コンクリート直の床でした。
しかも、廊下への出入り口にも段差もできてしまい、予算もかかりすぎてしまうため断念しましたが、外部側の壁2面の断熱工事、内窓による断熱工事は予定通り工事をしました。

既存のプラスターボードを剥がし、下地の木の間に「スタイロフォーム」をはめ込み断熱処理しました。
内窓には、アルミ製の物は熱伝導が高く結露を起してしまいますので、枠、障子フレーム共、樹脂で出来たものを使用しました。
今回はプラス工事として、LIXILの「エコカラット」、その他の壁には吸放出の性能のある機能クロスを使用しました。

お客様の感想として、以前より暖かくなり、窓の結露もほとんど無いくらいになり、かなり喜ばれていました。
今回別でお風呂の工事もし、換気扇に24時間換気の機能がついているので、常に換気をする事をお勧めしました。

河野

関連記事

PAGE TOP