瑕疵担保責任保険の改修工事

先日中古販売した木造住宅の瑕疵の相談を受けました。
販売した家の玄関ホールが傾斜しているということです。

実際に高さを計測したところ、外壁側の床が、建物中央側と比べて2cmくらい低くなっていました。
その原因は、明確には分かりませんでしたが、床下の基礎の高さも同様に傾いていましたので、基礎の沈下の可能性があります。

この建物は、販売のときに瑕疵担保保険に加入していたので、瑕疵担保保険で直すことになりました。
直すといっても基礎の沈下を元に戻すということになるので、かなり大掛かりな改修工事になると思いますが・・・。
床下の地面を人が作業できるぐらいまで掘って、基礎の下に杭を打ち込む方法で、改修するようです。

瑕疵保険すごい。
実際にそこまで費用と手間を掛けて直すのです。

 今回の調査は、床下の高さを4ヶ所計測しました。
かなり狭い床下でしたので、結構大変で時間が掛かりました

このような基礎の改修工事も資料では知っていましたが、実際に見たことは無いので、工事の時には是非立ち会いたいと思います。
また機会があれば報告します。

濱田 泰之

関連記事

PAGE TOP