耐震補強工事の前に

先日耐震診断をしたお宅ですが、築後40年ということもあり、耐震性がかなり弱い結果でしたので、補強工事をすることになりました。

耐震補強工事を行う場合には必ず再調査をするようにしています。
それというのも、補強予定の箇所を解体したら予定していた工事ができない場合があるからです。

例えば、梁が無いので急遽入れなければならない。とか・・・
基礎が無いので造らなければならない。とか・・・
雨漏りやシロアリで柱の入れ替えをしなければならない。とか・・・

過去に耐震補強工事を行ったお宅です。

雨漏りにより、壁の内部に雨が侵入してきていて、筋交いや柱が腐っています。
また、シロアリも発生していました。

そこで今回の工事でも事前調査として、壁や天井、床を切り空けて内部を確認しました。
すると、補強予定のうちの1ヶ所、基礎が無いことが発覚しました。
ということで、急遽耐震補強の設計のやり直しをしています。
ですが、工事のご契約前にその箇所の補強が容易でないことがわかって良かったです。

これがもし工事を開始してから発覚したら・・・。

予定通りの強度が確保できなかったり、予算が大幅にオーバーしたりしていたかもしれません。

その他いろいろな問題点が出てきたと思います。
やはり、工事の前の下準備は大変重要だと改めて感じました。

住宅耐震診断士 濱田泰之

関連記事

PAGE TOP