耐震診断(お風呂の水漏れ)

先日、築後40年以上の木造住宅の耐震診断を行いました。

外装など、定期的にきちんと改修をしていましたので、ひどく老朽化しているようなところは見られませんでした。

こちらのお宅、お風呂の改修も行われていました。
元々のお風呂と同様に、在来式のタイル張り仕上げでの改修です。

しかしながら、タイル張りの浴室の場合よくある状況なのですが、浴室の角の部分がひび割れています。

浴室内のタイル、角がひび割れて隙間が空いてきているので、コーキングでその隙間を埋めています。

このような状態の場合、通常ですとお風呂の洗い場に流れた水が床下に漏れ出て、土台や根太などの床下の木材を腐食させていることが良くあります。

ですが、このお宅の床下を調査した所では、床下の木材には、全く水が漏れていませんでした。

その原因は、以前に行った浴室の改修工事の際に使用した防水シートにあります。

浴室の壁のタイルと木下地の間に防水シートを張付けるのですが、そのシートを屋根の葺き替えで使用するような、ゴム質の厚いものを使用していました。
そのために、タイルのひび割れからは水は浸み込んでいるのですが、防水シート面を伝わって、床下に流れ出ているという事です。
そのため防水シートの外側にある木材には水分触れず、腐食する事が無かったようです。

工事完了後には目にしないところですが、そういったところをどのように施工するかは、耐久性や安全性において大変重要です。

浴室の真下の床下の写真です。
基礎の下の地面が、湿気で黒ずんで見えます。

しかしながら、木材に直接的に害を及ぼさないとしても、洗い場の水が床下に流れ出ていることには変わりがありません。

その水は、床下の地面に浸み込んでいるようです。この状況だと床下に湿気が上がり、間接的に木材に悪影響を及ぼす可能性があります。

今後状況を注意して見ていくことと、なるべく早いうちに改善した方が良いでしょう。

濱田 泰之

関連記事

PAGE TOP