要注意!気が付かないうちに床下が・・・

先日、ホームインスペクション(住宅診断)をしました。 昭和48年に建てられた、木造2階建ての住宅です。 ホームインスペクションでは、普段あまり目にしない、天井裏(屋根裏)や床下へ入っての調査も行います。 そして床下調査をした際に、しばしば見受けられる、建物にとって心配な状況があります。 それは、お風呂場から床下への水漏れです。

今回の調査でも、お風呂場から床下へ水が染み出していました。 土台や根太掛け材が水により黒ずみ、腐食が始まっています。

このような状況でも、お風呂場には別に問題があるようには見えません。 当然生活に支障もありませんから、住んでいる方は、まさかこんな状況になっているとは思いもしません。

こちらがこのお宅のお風呂場です。 一度タイルを張り替えリフォームをしています。 別に何の問題も無いように見えます。

コーナーに防水コーキングがしてあります。 手入れをきちんとしているので、住人の方は、「まさか水漏れをしてるなんて・・・。」という思いです。

ユニットバスの場合は、このような状況はまずありませんが、タイルで壁や床を仕上ているお風呂の場合は、注意する必要があります。 基本的にタイル壁自体には、防水性は期待できません。 壁内の防水シートにより防水されている場合がほとんどです。 新築のときは大丈夫でも、年数が経過するうちに、壁の中の防水シートがだんだん劣化していきます。 そうなってしまうと、壁や床表面から見える隙間やひび割れをコーキングするだけでは、どうしても止めきれない場合が多いです。

こちらは別のお宅の状況です。 水漏れがかなり進行していて、土台が完全に腐ってしまって、融けてなくなっています。 さらに、床を支えている大引き材も腐ってしまって宙ぶらりんの状態になってしましました。

水漏れにより、床下に湿気を多く含むことで、シロアリが棲みついきやすくなります。 普段の生活でも床がたわんで来たり、お風呂のドア枠が腐ってきたりすれば気が付くのですが、その頃では、かなり劣化が進んでいる可能性が高いです。 そうすると、修繕も大変になりますので、早めに発見することが最善の方法です。

※ホームインスペクションはこちら

関連記事

PAGE TOP