リノベーションのメリット・デメリット

リノベーションのメリットですが、自分の好みに合わせた作りを作ることが出来るため、住みやすい部屋を作ることが出来る所になります。

更に中古で物件を購入し、リノベーションを行うことで費用を抑えることも可能です。

新築で物件を購入する場合には価格が高額な為、ローンを組んで購入する必要がありますが、中古の物件なら格安で手に入れる事が出来るので一括で購入する事も出来ます。

また物件を探す際にもリノベーションを行うので、内装を気にすること無く物件を選ぶことが出来るので、選ぶことが出来る物件が幅広くなります。

新築で購入する場合はエリアを絞ると条件が厳しくなることが多いですが、中古の物件ならその様な心配もありません。

特に中古物件が多く売り出されるシーズンなら選ぶことが出来る物件の選択肢は幅広くなり、自分の理想通りの立地条件にある中古物件を獲得する事も難しくありません。

都心部でも郊外でも場所を選ばずに購入する事が出来る為、新築物件を購入するより比較的はやく物件を手に入れる事が可能です。

次にリノベーションのデメリットですが、購入する物件によっては築年数が多く経過している物件があり、地震などの災害時に対応している耐久性がない可能性がある所になります。
法改正が行われる前の物件の場合は、耐久性も今現在の建物に比べると耐久性が低くなっており、有事の際には倒壊する恐れなども考えられます。

築年数が多く経過している物件を購入する場合には、素人目で判断をするのではなく、専門家に相談してから購入するのも一つの手段です。

またローンを組む場合ですが、一般的な住宅ローンを組むことが出来ません。
一括支払いであれば問題はありませんが、分割で支払いを考えている場合はリフォームローンを利用することが出来ます。

但し、金利が住宅ローンに比べると高くなっている場合が多くデメリットを感じることにもなりますので、リフォームローンを利用する場合には注意が必要です。

最後のリノベーションのデメリットとしては、購入後から実際に住むことが出来るまでに時間がかかる点です。

リノベーションを行う必要があるので、拘りを持ったリノベーションを依頼すると細部から作り直しを行う必要がある為、工事にかかる期間も長くなります。

その間は住むことが出来ないので、リノベーションを行うにあたりどの程度の期間がかかるのかきちんと話し合いをしておかないとトラブルに発展する可能性もありますので注意が必要です。”

関連記事

PAGE TOP