新築とリノベーション、どちらが良いのか?

新築とリノベーションどちらが良いのかは、予算や目的に応じて変わってきますから一概にはいえません。

そのため、それぞれのメリットとデメリットを理解した上で目的に合わせて利点の多い方を選ぶのが正解ということになります。

基本的にお金が無尽蔵にあると仮定した場合には、新築のほうが自由度も高く好みの住まいにすることができますから、予算の条件がなければ新築のほうが良いと言えます。

しかし、現実的には予算は限りがありますし家を建てるにおいて予算は非常に大きなウエイトを占めているだけに、リノベーションのメリットである新築より安いというのは非常に魅力的な長所となります。

一軒家を建てるのであれば3000万円程度は覚悟しなければなりませんが、リノベーションであれば1000万円から2000万円の改修で快適に暮らすことができる住まいを手に入れることができます。

1000万円という金額は無視することができないぐらいに大きな金額となりますから、これだけ安くなるのは予算に余裕が無い時にはかなりありがたいものです。

このように一番大きなリノベーションのメリットは費用の面があげられますが、別の利点としてはすでにある建物が気に入った場合にそれを活かして中身を新しく変えることができるという点にあります。

古民家のような古い物件は古いところに良さがあるわけですから、新築ではなかなかこのような家を建てるのは難しいものです。

しかし、そのまま済むには快適性の面で問題があるのでリノベーションをして良さを活かしつつ、快適な住まいにしてしまうということもできますから、このような場合にもリノベーションを選択する利点は大きいといえます。

予算に限りがなく、とにかく新しくて信頼性の高い家が良いという時には新築を予算が限られていてできるだけ安く済ませたい、あるいは中古で気に入った物件があるのでそれを活かしたいというときにはリノベーションを選択するのが良いということになります。

関連記事

PAGE TOP