使いやすいキッチンレイアウト解説

毎日利用するキッチンは、レイアウトがしっかりとしていないと、使い勝手が悪く不便さを感じてしまいます。

使い勝手が悪いキッチンは、リフォームをすることで不便さを解消出来ますが、リフォームする場合は、料理を作る時のことを考えたキッチンレイアウトを考えることが大切です。

調理をする時には、シンクと冷蔵庫とガスや電気のコンロの3か所を行ったり来たりします。これらの3つの場所は、なるべく近くに設置した方が使い勝手が向上します。

家の間取りや構造によりますが、可能であれば、3つの場所を結ぶと三角形になる形状とし、これらの個所をなるべく等距離になるようにしましょう。

シンクと冷蔵庫までの距離は、約1m20cmから2m10cm位、ガスや電気コンロまでの距離は、約1m20cmから1m70cm、シンクとコンロまでは約1m20cmから1m80cm程度に設置すると、調理をする時に大分無駄な動きが少なる筈です。

使いやすいキッチンレイアウトを考える場合は、通路の幅も考えてリフォームをすることも大切です。

調理をする時はキッチン内を歩き回るので、人数に合わせて通路の幅を設計しますが、主に1人で利用する場合は、約90cm程度の幅が必要です。2人以上で料理をする場合は、約1m20cm程度の幅があると使いやすくなります。

日々の調理導線を考えて設計することで、使いやすいキッチンレイアウトにすることが可能です。

関連記事

PAGE TOP