木造住宅をコンバージョン、レトロな社員寮に再生

施工概要

木造一戸建住宅を、企業の社員寮として使えるよう用途変更しました。社員寮の規定に適合させるため、避難のための広い廊下の確保や勾配の緩い階段への架け替えなど、間取り変更を含む大規模な改修を行いました。また、入居者が集う共用のダイニングや水廻りなども、快適にお使いいただけるよう一新しました。
仕上げ材は大人数での使用のため、耐久性やメンテナンス性を考慮し選定しました。リビングや居室の床は店舗等にも使用される塩ビタイル、洗面やトイレは清掃性のよいシート材、壁紙も傷や汚れに強いものを採用しています。また、天井の梁はあえて見せることでレトロな味わいを残しています。
既存の建物を、木造住宅の面影を残した懐かしい雰囲気の社員寮として再生しました。

施工データ

築年:1968年
工事費:約1100万円
施工箇所:全面
形態:用途変更

PAGE TOP