白いブリックタイルでカフェのような空間(川崎市高津区)

施工概要

キッチンの移動や間取り変更を含むマンションの大規模リノベーション。
キッチンは以前は独立した空間でしたが、リビング側に移動することでメインの家事スペースが住まいの中心になりました。 リビングは、和室をなくすことで面積が大幅に広がり、ソファを置いてもゆとりのある広さを確保しました。 もともとキッチンがあった場所はウォークインクローゼットに用途を変更。壁に有孔ボードを使うことで、壁面を収納として利用できるように仕上げました。
玄関は、洋室側の壁位置をずらすことで、広々としたホールにレイアウトを変更。大容量の収納棚は靴以外にもアウトドアの道具やバギーなども置ける広さです。 洗面室やユニットバスもインテリアと調和する色合いで、統一感のある印象にまとめました。
一部の収納棚やスチールの建具は既存の再利用ですが、化粧シートでのリメイクや塗り直しにより、新しい材料と並んでも遜色ない仕上がりです。 住まい全体が統一されたインテリアで、築30年の古さを感じさせない爽やかな空間に再生しました。

 

関連記事:スタッフブログ 「オープンルームを開催しました」

施工データ

地域:川崎市高津区
築年:1983年
施工箇所:全面改装(一部収納等は再利用)
形態:マンションリフォーム

PAGE TOP