ご夫婦二人、竟の住まいのリノベーション

施工概要

お子様が独立し、ご夫婦二人暮らしになられたのを機に、35年暮らした住まいを全面的にリフォームしたいとのご要望でした。
部屋数は極力少なくて済むようにとのご希望でしたので、元々ご夫婦の寝室として使用していた和室の壁を開放し、リビングと一体で使用出来る広い空間にしています。キッチンはリビングダイニングとは仕切り、独立したレイアウトにしました。そのため、キッチンスペースが暗い感じにならないよう、システムキッチンはホワイトの明るい色調で天井の照明も明るめのものにしています。外からの視線がキッチンの中に向かず、汚れや臭いがリビングダイニングに広がりにくいので、気兼ねなく家事をすることが出来ます。また、キッチンからリビング全体を見渡せてるように開放的にしていますので、お子様たちが帰省した際は、奥様が和室で遊ぶお孫さんを見ながら家事が出来きます。
リビング入り口の壁の窪みを利用して、ホワイトのオーダー家具を取付けました。上下はしっかり収納出来るように扉を付け、その中間のところは飾棚として写真や季節の小物などが飾れるようになっています。
洗面所は、洗面化粧台と洗濯機を1列に並ぶように配置を変えることで作業の動線をシンプルにし、脱衣スペースも広くしました。
トイレは、タンクを収納カウンターの中に組み込むタイプにしたので、すっきりとした雰囲気になりました。また、配管を工夫し、手洗い器を壁側に設けることで、高齢になっても手が洗いやすいようにしています(収納付き手洗器)。
その他、玄関に折り畳み式のベンチを設けたり、玄関の照明スイッチを人感式にしたり、廊下の足元灯を設置するなど、これから歳を重ね高齢になっていくことを考慮して、将来的にも永く暮らしやすい住まいにしました。

施工データ

地域:川崎市高津区
築年:1982年
工事費:約900万円
施工箇所:全面改装
形態:マンションリフォーム

PAGE TOP