リノベーションの知識

リノベーションとリフォームの違い

リノベーションとリフォームは、どちらも住まいの改修・改良を指しますが、規模と性能において異なります。
リフォームは、古くなったものを新築の状態に戻すことを目的にしています。
マイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いとして使われることが多く、例えば、キッチンの老朽化した設備の交換やトイレ便器交換リフォームや外装塗装などがリフォームに該当します。
リノベーションは大規模な改良に使われ、新築の時以上に性能をアップさせます。
しかし、明確に使い分けられているということはなく、大規模な改修をリフォームと言います。

リノベーションのメリットとデメリット

中古マンションをリノベーションする時のメリット

リノベーションのメリットは、新築物件を購入するのと比べてコストを低く抑えられることです。設計やデザインの工夫によっては、一般的には新築の20%~30%安くなるといわれています。

もう1つのメリットは、デザインの自由度が高いことです。リノベーションでは間取りを変更したり、キッチンをシステムキッチンに変更したり、北欧風のデザインやアジアンテイストのデザインにしたりと自分の理想の住空間を実現できます。

中古マンションをリノベーションする時のデメリット

理想の環境が手に入るリノベーションですが、デメリットもあります。

まず、「リノベーションできる範囲は専有部分のみ」ということです。いくら室内をきれいに整備できても、マンション自体の外観や共有部分には手を加えることができません。玄関ドアやバルコニー、窓のサッシなどの「外部に接する部分」も、規約によっては勝手に工事できない場合が大半です。

築年数が古く、マンション自体の耐震性に問題がある場合などは、とくに注意が必要でしょう。このような場合は室内であっても、マンションの構造上、水周りの配管位置や壁の位置が変えられないこともあります。

リノベーション向けの物件の探し方

リノベーション向きマンションかどうかをチェックするポイント。

①築年数
②リフォーム・リノベーション前物件
③マンションの管理
④マンションの構造

リノベーションの進め方

ご契約までの流れ

リノベーション実例

リノベーションのQA

Q.リノベーションで耐震性や耐火性等を向上させることはできますか?
A.はい、可能です。 工事の際、スケルトン(骨組み)状態にし、見えなかった部分を確認することで、構造部分の補修・補強をすることが出来ます。補修や補強をすることで、耐震性や防火性を高めることが出来、より快適なお住まいを実現することが可能です。

PAGE TOP