住宅耐震セミナーを開催しました。

本日『住宅耐震セミナー』の第6回目を開催しました。

場所は、以前お世話になった所、川崎市の久地。
地元ではおなじみの『世喜会館』をお借りしての開催です。

これがなかなか趣のある、とても心和む会館でした。

今年になってから地震について次々とショッキングなニュースが流されています。
そんなこともあってか、会場に来られた方、メモなど取られて皆さま真剣に聞いて頂きまして、話し手としましてもとてもありがたく思い、また熱も入ります。

今回のセミナーでも皆様にお伝えしたのですが、

注意して頂きたいのは、衝撃的な情報にはつい気にとらわれてしまいがちですが、その情報の精度や真意を見ていくことがとても重要です。

首都圏の直下型地震の震度の予測が、震度6強から震度7に上げられました。
これについては、地震の発生源の深さが10㎞浅くなったことに起因していますので、震源地についてはある程度信頼できますので、これは注意をしておいた方が良いと思います。

このセミナーでは他に、川崎市の住宅耐震工事の助成金についての説明や費用のシュミレーション、建物の補強方法や実際の補強例、補強費用についてを来場されて皆様にはじっくり聞いて頂きました。

世界No1と言っても過言ではない地震国日本。
その研究は、やはり世界トップれべるであり、その予測はかなり進歩しています。

地震の大きさと、起きる場所は明確になっています。
分らないのは、『何時来るのか』ということだけです。
ですから、すぐにでも地震の準備をしておくことが何よりも効果があるのです。

また、今日からでも費用を掛けず自分でできる地震対策もお伝えしています。
このセミナーを聞いて頂いたことで、地震の被害がちょっとでも減らすことが出来たら
とっても嬉しいです。

濱田 泰之

※耐震診断はこちら

関連記事

PAGE TOP