ホームインスペクションが今注目されている理由

ホームインスペクション(住宅診断)が今注目をされている理由の一つに、利害関係のない第三者の建築士(既存住宅状況調査技術者)が、専門的な観点から物件の診断を行うことが挙げられます。従って、中古物件を購入する時の参考にもなり、リノベーションをする時の参考にも出来るためエンドユーザーによるニーズが拡大しています。

不動産売買では日々多くの中古物件の流通が活発に行われておりますが、買主様が抱く中古物件に対する品質の不安も、客観的な立場で診断してくれますので、安心感も違うと思います。

また、建築士法第23条の規定により、既存住宅状況調査技術者が依頼主の求めに応じて報酬を得て建築物の調査を業として行う場合には、建築士事務所を定め、都道府県知事の登録を受けていることが必要ですので、必ず事務所登録されているかをご確認ください。

※ホームインスペクションはこちら

関連記事

PAGE TOP