「中古+リノベーション」成功のカギはホームインスペクション

中古物件のリノベーションを成功させる鍵は、ホームインスペクション(住宅診断)です。
ホームインスペクションを行うことで、物件の状態を確認することが出来るため、品質の良い中古物件を見つけることが出来ます。

逆にホームインスペクションをしなかった場合には、物件の状態を細部まで確認することなく買主様は購入する訳ですから、場合によっては、屋根裏・床下等の見えない部分の補修に費用が掛かり過ぎ、居住空間の仕上げに予算が追い付かないといった悲劇が起きます。私たちはこのような状況を随分見てきました・・・。

このホームインスペクションは、欧米では以前から普及していますが、日本では新しい試みであり、国も制度の後押しをしてくれています。

ホームインスペクションを依頼することが出来る業者はまだそれほど多く存在しませんが、診断する箇所は幅広くなっており、室内はもちろん外観・屋根・基礎に至るまで診断しますので、中古物件の選定においては力強い味方になるでしょう。

また、「一般社団法人 住宅瑕疵担保責任保険協会」が実施する「既存住宅状況調査技術者講習」を受講し、その後の筆記試験に合格した建築士が、第三者の視点で診断しますので、公平さが保たれていますので安心です。

 

※ホームインスペクションはこちら

関連記事

PAGE TOP