マンションの結露対策

新年を迎え、寒い日が続いています。

この季節ならではの住まいの悩みの種が『結露』です。ガラス窓にびっしりとはりついた水滴が流れ落ちて窓に他のカウンターや床がぐっしょり濡れてしまう。さらに、その湿気によって発生するカビは、住む人の健康面に悪影響を及ぼす可能性があります。

マンションは、室内の気密性が高く、通気性に問題がある間取りの場合が多いため、戸建てよりも結露の発生が顕著となります。特に外壁に面している住戸の場合は、外壁面の冷気と室内の暖かい空気が壁をはさんでぶつかるため、室内側の壁面に結露が発生しやすくなります。

現在、マンションリフォーム工事中のお宅も、まさに結露とカビに悩んでいるケースです。そこで、今回の工事では結露解消のために2種類の断熱工事を行っています。

  • 外壁に面する壁の室内側の石膏ボードをすべて撤去して、断熱性能に優れるウレタンフォーム板を張り付けて壁を作り直しました。これにより壁の表面結露を解消させます。
  • 既存の窓サッシの内側に、新たな窓を取付ける二重サッシ工事。これによりサッシの断熱効果を高め、窓ガラスやサッシに発生する結露を抑えます。

工事後には、大幅な結露の減少が期待できます。この他にも、壁や天井の壁紙を張り替えする際に、リクシル社のエコカラットなど、調湿効果の高い素材を採用するなどの方法もあります。今年の冬の寒さは厳しそうなので、結露の量も多くなることでしょう。結露を減らした快適で健康な暮らしを目指してみてはいかがでしょうか。

→結露対策(その1)

→結露対策(その2)

関連記事

PAGE TOP