ホームインスペクションとは?

ホームインスペクションという言葉を聞くと、「何だか良く分からない・・、馴染みがない・・」と思われる方が多いと思います。しかし日本語で〝住宅診断〟といわれているものであり、主に中古住宅を売買する時に行われるものです。

住宅の売買時には、とても大きなお金が動くことになりますから、契約後にトラブルを起こさないためにも、事前にトラブルの原因の芽を摘み取っておくことが大切です。

そこで、役に立つのがホームインスペクションです。

ホームインスペクションとは、売買契約の前に住宅の状態を専門家が診断をして、現在その住宅がどのような状態にあるのかを評価することですが、利点として、売り手側からすれば、住宅を売った後に気づかなかった瑕疵の補償を求められるという事態を避けることが出来、買い手側からすると、欠陥住宅を掴まされてしまうリスクが少なくなることです。

また、中古住宅購入後、どのぐらいのメンテナンス費用が掛かりそうかという部分もはっきりと見えてきますから、それを見据えた価格設定にすることで、売買をスムーズに行うことが出来ます。

住宅の状態を正しく評価することはとても難しく、良さそうに見えた住宅でも内部の状態は悪かった・・ということは珍しくありません。これからのストック循環型社会において、住宅売買の際のホームインスペクションは必須であり、ホームインスペクションの実施が当たり前になれば、中古住宅の透明性が保たれ、中古住宅の流通も大いに活性化することでしょう。

→ホームインスペクション

関連記事

PAGE TOP