ホームインスペクションはなぜ必要?

欧米では、当たり前に実施されているホームインスペクション(住宅診断)ですが、不動産売買の重要事項説明書で、インスペクションに関する説明責任の義務化の影響でしょうか、最近日本でも認知度が高くなってきました。

ホームインスペクションとは、検査会社に所属しているホームインスペクター(住宅診断士)が、住宅の現状や欠損の様子を調査することを言いますが、当然ながら、インスペクターがいくら物件を診断したところで、物件の性能が上がる訳でも建物が保証される訳でもありません。

物件自体は何も変わりませんが、中古住宅を購入する際にインスペクターが発行する調査報告書を基に売買の前提として、修理依頼や故障を理由に金額の交渉をすることが出来ますし、インスペクションを実施する検査会社は、基本的に住宅瑕疵担保責任法人のかし保険に加入していますので、検査する中古住宅に万が一不具合があった場合、その収保費用が支払われますので、必ず実施するべきでしょう。

→JIO既存住宅かし保証保険(個人間用・検査事業者コース)動画

→ホームインスペクション

 

関連記事

Copyright ©  2020 株式会社マツドリフォーム

PAGE TOP