VOL.9 リゾートの風が香るリビングダイニング

S様
中原区 
マンション

―S様はご結婚当初からこちらのマンションにお住まいでした。今回、同じマンションの街区内で別の家に住み替えを決められ、全面的にリフォームをされました。

「前の家の間取りは子供たちが成長するにつれ手狭になっていました。たまたま昨年秋にこの家が売りに出されたのを見て、リビングからの眺望がすばらしく、子供部屋になる部屋の日当たりの良さが気に入りました。リフォームをしたら自分たちの希望に近い住まいにできるのではと、購入を決めたのです。」(S様)

 

―以前にも弊社にお問い合わせを頂戴したことがあり、この度はご注文をいただきまして有難うございました。

 

「マツドさんはお店が近所にあることで、気軽に相談ができたので、今回も粟野さんには早くから相談に乗ってもらいました。3月に工事が完成してからは、収納に棚を付けるなどのDYIを仕事の合間に楽しんでいます。」(S様)

―リフォームするにあたり、欧米のコンドミニアムのような明るく開放的でいて落ち着いた空間にされたいご希望がありました。打合せ時にも積極的なご要望を多数いただきましたね。

「家族旅行で滞在したハワイのコンドミニアムが素敵だったのでそのイメージが強くありました。そんな私たちの思いを粟野さんやデザイナーさんにお伝えすると、具体的な形にして、図面に落とし込んでくれました。それを見て、さらに違うアイディアが浮かび、実現できそうかどうかをお聞きする。そうしたやり取りを重ねながら、自分たちらしい暮らし方ができる住まいを考える作業は楽しかったし、勉強にもなりました。」(S様)

―先ず、既存の袖壁を無くしたことで、対面型のキッチンが置けるようになり、オープンなLDKになりました。キッチンの扉やカウンターの色は白を、壁のアクセントタイルはたくさんのサンプルの中から優しい植物柄を選ばれました。ご自身で割り付けをされたタイル貼りが、フォーカスポイントになって、まさに、海外のコンドミニアムのような雰囲気です。

「リゾートの感じを出すのに、部屋のベースカラーは白にしました。ショールームを廻って選んだタイルが、たまたま生産終了品のものだったので枚数を確保する為、全国から在庫を集めてもらいましたよね。自分なりにバランスを考えて、配色良く貼ってもらえたと思います。」(S様)

―設計担当の提案で天井と壁の境に、通常の廻り縁よりボリュームのあるモールディングを廻したことで空間の格が上がった感じがします。装飾性が加わり、エレガントな雰囲気になりました。

「モールディングは普段はあまりマンションでは使われないそうですが、私たちのイメージに近づけるよう、いろいろな提案を出してもらいました。」(S様)

―選ばれたカーテンレール、カーテンのデザインも洗練されていておしゃれですね。カーテンの吊り方もレースを手前にドレープを窓側に吊るすフロントレースのスタイルをとられています。ドレープを閉めるとレースを通してドレープの生地が透けて見えて、昼間と違うレースの楽しみ方ができます。お部屋によくマッチして素敵ですね。

「キッチンからも部屋全体が見渡せるので、料理をしながら話しができるのもいいですね。家族の会話が増えたような気がしています。」(S様)

 

―LDKのドアを開けると広々とした玄関ホールに出ます。フローリングや廊下の腰壁も淡いベージュ色でコーディネートされていて、とりわけ廊下の突当りに設けた、収納スペースのアーチのデザインが印象的です。

「アーチの奥は、掃除機や日用品のストックになっています。ドアをつけずに、カーテンで仕切ったので、物が取り出しやく、使い勝手も上々ですよ。」(S様)

フロントレース

アーチ型の収納スペース

―LDKは明るくエレガントな印象ですが、主寝室や水廻りスペースの内装は雰囲気をがらりと変えられています。

「主寝室は調湿機能のあるエコカラット(タイルの一種)とラベンダー色のクロスを合わせました。奥に書斎コーナーを併設してもらったので、在宅勤務の時には、集中して仕事ができます。ここでのビデオ会議で、メンバーから「壁紙、かっこいいね!」とほめられたりすると、自分で選んだものだけに嬉しかったりしますね。」(S様)

―海外の住宅のように個室ごとに個性的な壁紙を使われて、クロス使いを楽しまれていますが、水廻りの設備や間取りなど機能面はいかがでしょうか?

「システムキッチンはクリナップのステディアというシリーズを選びましたが、収納力も使い勝手も満足しています。ウォークインクローゼットも前の住まいと同じくらいの広さが欲しいと粟野さんにお願いしましたら、使いやすく、収納量も充分なものにしてもらえました。」(S様)

―今回のリフォームはペットのかりんくんにも気に入ってもらえていますか?

「こちらもデザイナーさんのお勧めで主寝室のドアにキャットドアを付けました。普段は、LDKにいることが多いかりんですが、気が付くと寝室に来ていたりします。気ままに出入りができて、新しい住まいを一番楽しんでいるのは、かりんかもしれません。去年の秋に見た時のこの家は、ごく普通の間取りでした。それが、ここまで変わるとは、正直、思いませんでした。」

「期待した以上の仕上がりに満足しています。私たちの持っていた漠然としたイメージは、丁寧な打合せを重ねるなかで、現実的で具体的なプランへと変わっていきました。また直接お会いできない時は、LINEを活用して、連絡を取り合えたこともよかったと思います。」(S様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

S様、お引渡しから日が浅い中、奥様のご不在時にインタビューにご協力いただきまして誠にありがとうございました。あらためて内装材のもつ可能性、デザインの豊かさに気付かせていただきました。

キャットドア

Copyright ©  2021 株式会社マツドリフォーム

PAGE TOP