SDGsへの取り組み

SDGs(エスディージーズ:Sustainable Development Goals-持続可能な開発目標)とは、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓うとともに、発展途上国のみならず先進国自身が取り組むユニバーサルなものです。マツドリフォームは、住宅業界に携わる会社として、どのようにSDGsを取り組むべきかを真剣に考え、行動に移しています。

 

マツドリフォーム経営理念
わたしたちは、顧客の暮らしのストレスを開放し、心豊かで持続可能な住まいづくりに全力をつくす。

マツドリフォームが売買に積極的に取り組む理由とは?

これまでは、まだ十分に使える住宅をトレンドに合わないという理由だけで建替えを検討する方が多くいましたが、使える部分は残し、必要に応じてリフォーム・リノベーションを行うという方法に切り替えることで、環境負荷を抑えることが可能になります。

既存の住宅に必要に応じて手を加えつつ、住宅の資産価値をあげながら住み続けるという考え方はは海外では当たり前に行われており、住宅を売買する際も、手入れをしながら長く住み続けた住宅の方が資産価値が高くなるのが一般的です。

マツドリフォームは必要なリフォーム・リノベーションに関わることはもちろん、資産価値を適正に評価した「かちある住宅」の創造に努めています。

「建てては壊す」のスクラップ&ビルドをやめる
環境への負荷を極力抑えたストック循環型を目指す

資産価値を適正に評価した「かちある住宅」の創造

ホームインスペクション

ホームインスペクション(住宅診断)とは、建築士の資格を有する住宅に精通した 「既存住宅状況調査技術者」が、建物の外観、内部や床下、屋根裏など細部に渡り点検することを言います。 第三者的で専門的な観点から老朽度合、欠陥の有無、耐震性、改修すべき箇所と その時期、おおよその費用等を判断し、報告書を作成します。

詳しくはこちら

耐震診断・耐震補強工事

耐震診断を行い、必要に応じて耐震補強工事を行います。マツドリフォームは、「日本木造住宅耐震補強事業者協同組合」「川崎市木造住宅耐震改修施工者の会」「川崎市木造住宅耐震診断委員会」に所属し、川崎市の住宅耐震化の普及に努めています。

詳しくはこちら

かし保険

マツドリフォームでは、お客様が安心してリフォームを行えるよう、また、安全安心な中古住宅をご購入できるよう、国土交通省指定の住宅性能評価機関である「日本住宅保証検査機構(JIO)」による2種類のかし保険を導入しております。

詳しくはこちら

住宅履歴

住宅履歴とは、住宅がどのようなつくりで、どのような性能があるのか、また建築後にどのような点検、修繕、リフォームが実施されたか等の記録を保存、蓄積されたものをいいます。記録が残るので、必要な維持管理計画が的確に立てられるとともに、売却の際にも資産価値が適切に評価されます。

詳しくはこちら

10:00-18:00 日曜・祝祭日定休

Copyright ©  2021 株式会社マツドリフォーム

PAGE TOP