オリジナリティあふれる贅沢空間(川崎市多摩区)

施工概要

間取り変更を含むマンションの全面リノベーション。

玄関に入ってまず目に入るのは、床からの間接照明に照らされた壁に張られたスリムなラインの石材がこの住まいのスタイルを象徴しています。
リビングは壁1面にも石材を張り、また窓側の大きな梁にはタモの突板を張り、スタイリッシュでオリジナリティにあふれた落ち着いたリビングになっています。
また、床に張った無垢オークのフローリングと壁の珪藻土がさらに住まい全体のゆったりした上質感を醸し出しています。

家族それぞれの好みに合わせてそれぞれの個室はそこに暮らす方の好みに合わせたデザインで仕上げました。洋室のひとつは、壁の一面に天然木製のオーディオラック、その反対側は大谷石を一面に張りました。落ち着いた重厚感にあふれた部屋に仕上げています。
またもう一つの洋室は、白を基調に壁の下半は白の塗装仕上げ、上半はローラアシュレイのクロスを貼っています。メルヘンチックでありながら、上品でクラシカルな雰囲気の部屋になりました。

洗面スペースには、タモの突板製のオーダーメイド洗面化粧台を取付け、それをリビングの家具と同じ仕上げにすることで、住まい全体に統一感を持たせています。また、今までの間取りでは使われていなかった壁の裏側のスペースを収納スペースに造り変えることで、室内の空間を有効的に活用しました。

そして、このマンションが築35年であり水道配管の将来的な劣化を考慮して、今回のリノベーションの機会にすべて新しい配管に交換してあります。全体的にデザイン性に富んだ住まいに変身したことで、これからの暮らしがとても満足できる空間になったことと、将来的に安心して暮らせる安全な住まいになりました。

施工データ

地域:川崎市多摩区
築年:1988年
工事費:約1950万円
施工箇所:全面改装
形態:マンションリフォーム

PAGE TOP