逃げる人には、後悔する権利すらない。

梅雨真っ盛りですね!早く、カラッと晴れてほしいものです。

さて、世代なのでしょうか?ずっと以前より「逃げてはならない、逃げるのは卑怯だ!」という価値観というか、自分に課せられたテーマというか、とにかく、逃げることへの罪悪感があります。

それは、今後のチャレンジだったり、自分が苦手だと思っていることだったり、他人からの耳の痛いフィードバックだったり・・まぁ、いろいろとあるのですが、それらを放ったらかしにしていると、現実から自分が逃げているような気がして、何か気持ち悪くなってくるのです。

メンター曰く、逃げる人には、後悔する権利すらない。

歳と共に上達する、上部だけの上品な言い訳より、いくらたどたどしくても良いから、勇気をもって、逃げずに立ち向かうという〝一歩〟を踏み出す行為そのものが、未来の自分から見て一番頼もしい姿なのだと、これからも信じて生きていたいと思います。

 

代表取締役 松戸 明

※画像は、5月に撮った高津の空です。最高!

関連記事

PAGE TOP