衣替えー収納箪笥の置き場所は?

早いもので明日から10月、空気が乾燥してきているのがわかります。

暑い、暑いと夏中、風通しのよいワンピースばかり着ていました。今朝はだいぶ涼しくなったからと、薄手のカーディガンを探すと、あれ、どこにしまったかのか、すぐに出てこない・・・。ありがちですよね?ともあれ、冬が終わるとすぐに暑くなってしまい、近年の春は短かくなったような。衣替えも季節感が希薄になった気がします。

最近の部屋の間取りでは、洋室の物入れにハンガーパイプがついていたり、ウォークインクロゼットがあったりとシーズンに関係なく服をかけておけて、洋服箪笥を使わないお宅も多くなっています。リフォームの工事でも、クローゼットを広くしたいというご希望は上位に入ります。

一方で、昔ながらの婚礼箪笥などを使っていて、和室が無く置き場所に困っている方もいらっしゃるのでは?写真は、リビングルームに収納箪笥を置き、建具で目隠しをした施工例です。箪笥を使う時だけ、戸を開けるので普段は洋室の一体感が保てています。白い収納家具とダークブラウンの天板を合わせ、書斎コーナーを設けたので、用途の広いリビングとなりました。

お気に入りの家具を今の暮らしに合わせて長く使えることができたら、素敵なことですね。

   

→プライベートコーナーのあるリビング

 

関連記事

Copyright ©  2019 株式会社マツドリフォーム

PAGE TOP