最近よく聞く「ワンストップ型リノベーション」って何?

マイホームを手に入れたいと思う方は年々増加傾向にあり、外観や間取りにも徹底してこだわりたいという意見も多数あります。

一言にマイホームと言っても、新築物件は中古物件と比べると高額となります。一方で今、注目を集めているのが、中古物件を購入し、リフォームもしくはリノベーションすることです。

最近の中古物件は安価でありながらしっかりとした構造となっているものが多いので、防災面でも安心です。更にリフォーム等を行うことで、不満な部分を解消し、新築と変わらない物件にすることが可能です。

しかし、不動産会社から中古物件を購入した後、そこから工事会社とリフォームやリノベーションの段取りを行っていては長い期間を要します。銀行等の金融機関とのローンも発生しますから、実際に住むことになるのは想定よりも待つ必要があるでしょう。

そこで、中古物件を買ってリノベーションするのに便利なのが「ワンストップ型リノベーション」です。

文字通り、中古物件の購入とリフォーム、もしくはリノベーションを同じ企業に依頼することで、物件購入前の打ち合わせから改装工事、その後のローン返済などのフォローまでワンストップで行うことが出来るものです。

実際、中古物件の購入とリノベーションを別々の企業に依頼した場合、実際に住んでみて問題が発生した際に、どちらの企業に問題があるのかを切り分けるのは非常に難しく、解決が難しくなります。ワンストップ型であれば、リノベーションを行うことを前提に物件を事前に専門家がチェックを行い、その上で工事を行いますので、責任の所在が明確です。

また、ワンストップ型を利用する利点として、物件の購入とリノベーションの総予算を算出することが出来ることと、その予算に合わせて適切な一体型ローンを利用することが出来ますので、リノベーションを進めるにあたり、途中で予算不足になることがありませんので安心です。

関連記事

PAGE TOP