イサム・ノグチの庭へ!

イサム・ノグチの展覧会に行こう! 

以前の職場仲間だった友人とこの夏、新宿のオペラシティアートギャラリーへ出かけました。
写真などでは見慣れていた「AKARI」シリーズでしたが、和紙を通して会場に拡がるひかりが、なんとも言えず落ち着きます・・・。

イサム・ノグチと言えば、和紙の照明器具デザイナー、くらいの浅い認識だった私に比べ、誘ってくれた彼女の方は造詣が深く、彼が設計した庭にも訪れていました。

「彫刻から身体・庭へ」と題された回顧展だけあり、ドローイング、彫刻、写真、ビデオと展示品の豊富なこと。とりわけ庭の模型や、写真がおもしろく、自然の風景の中の大きな大きな彫刻作品のよう。実際にこの公園に行って、気持ちの良い空間を感じたい!と思わずにはいられませんでした。

関連記事

PAGE TOP