リノベーションに適した中古マンション選びで失敗しない為のチェックポイント!

中古マンションの中には、中古で築年数が古い事により相場に比べ安価に入居する事ができる上に、入居後は希望通りの構造作りをしても構わないといったリノベーションが許可されている物件もあります。

ただし、各々の管理規約により着手しても構わない部分が異なるので、リノベーションが許可されている様子に惹かれて入居したものの、希望通りの作業を行おうとすると管理規約に違反してしまう事例も稀有ではありません。

そのため、リノベーションの成功を目指し満足度が高い生活環境を手に入れるには、リノベーションが可能な中古マンションならではの選び方のコツをよく理解しておく事が重要です。

各所により異なる管理規約の中でも比較的共通している事が多いのは、ドアや窓といった部分は共用部分としてみなされ構造変更させられない事です。

中古マンションに限った話ではないものの、アパートやマンションには専有部分と住人全員が利用する共用部分に構造が分類されており、共用部分というのはエントランスや廊下などを指すと考えられがちですが、実はドアも正確には共用部分です。

その理由は内側から見れば専用部ですが廊下から見れば共用部という様子になるためであり、たとえリノベーションが許可されていたとしても一枚だけドアが他のドアと異なる質感やデザインになってしまうと統制が取れなくなってしまい、他の住人からの印象も悪くなり物件としての価値が落ちる事が影響しています。

また、管理規約の中には壁紙や床面を張り替えたり構造を変更させるといった物理的な物事の他に、電気のアンペア数を高める事が禁じられている事例もあります。

今日では中古マンションを事務所やアトリエにして利用する方も増えていますが、そうした使い方をする時にはアンペア数を高くしても問題が無いという確証を得てから契約しましょう。

また、壁を取り払って大きな空間にしたいという構造変更を計画している時には、詳細な図面を手に入れて動かせない柱などが存在していない事を確認するのが大切です。”

関連記事

PAGE TOP