リノベーションのメリット・デメリット

リノベーションのメリット?

好きな立地のお家を、好きな素材を使い、好きな間取りに造るため、自分や家族にとって住みやすく、快適な家を造ることが出来るところでしょうか。

更に中古で物件を購入しリノベーションを行う場合、新築に比べ費用を抑えることも可能ですし、物件を探す際にもリノベーションを行うことが前提なので、既存の状態をあまり気にすること無く選ぶことが出来るので物件の幅が広くなります。新築で購入する場合はエリアを絞ると条件が厳しくなることが多いですが、中古物件の場合、あまりそのような心配はないでしょう。

特に中古物件が多く売り出されるシーズンであれば、物件の選択肢は幅広くなり、自分の理想通りの立地条件にある中古物件を獲得することも難しくありません。都心部でも郊外でも場所を選ばずに購入することが出来るため、新築物件を購入するより比較的はやく物件を手に入れる事が可能です。

次にリノベーションのデメリットですが、購入する物件によっては経年劣化やメンテナンス不足により、構造体力上主要な部分、又は、雨水の侵入を防止する部分に問題があり、耐震性のUPや普段目にすることのない部分に費用が掛かり過ぎてしまう場合があることです。また、法改正が行われる前の物件の場合は、耐震性も現在の建物に比べると低くなっており、有事の際には倒壊する恐れなども考えられます。

築年数が多く経過している物件を購入する場合には、不動産会社だけではなく、ホームインスペクションが出来る専門家に相談してから購入するのも一つの手段です。また、中古住宅を購入してリノベーションを行う場合、購入後から実際に住むことが出来るまでに時間がかかることを知っておいて下さい。

特に特殊な素材や輸入品を用いたリノベーションでは納期に時間が掛かるため、相対的に工期も長くなります。住宅ローンを活用した場合は、住むことが出来ませんので、リノベーションを行うにあたり、どの程度の期間がかかるのかをきちんと確認しておかないとトラブルに発展する可能性もありますので、注意が必要です。

関連記事

PAGE TOP