マツドリフォームコラム|発注ミスによる廃材を減らす

発注ミスによる廃材を減らす

SDGsという言葉を最近何度も聞くようになりました。

行き帰りの電車内でもあの目立つバッチを付けている方を見ることが増えてきました。環境について、生れてから一度も真剣に考えたこともありませんでしたが、今回SDGsへの取り組みを強化するとのことなので、自分に何が出来るのか考えてみました。

簡単に実践できることとして、まず現場での廃材を減らすように取り組むようにしています。

リフォーム工事で目立つゴミとして、木材の材料関係とクロスなどの内装材が大半を占めていると思います。現場が始まる前に必要になる材料数などを測って準備するのですが、SDGsを意識するようになってから、事前の確認を今まで以上に無駄なロスが出ないように、発注数など入念にチェックするようになりました。

クロスなど単価が低い材料は余裕をもって多めに頼みがちですが、現場完工後に廃材とならないようにしていきたいと思います。処分していた余り材料分が半分以下に出来れば、それだけでかなりの貢献になるのではないかと思います。これから意識して引き続き取り組んでいきたいと思います。

また自分だけでなく、周りの人たちに興味を持ってSDGsについて考えてもらえるよう、声掛けもしていきたいと思います。

writing/営業:T

お問い合わせ
オンライン相談
来店相談

関連記事

10:00-18:00 日曜・祝祭日定休

Copyright ©  2022 株式会社マツドリフォーム

PAGE TOP