「キッチン収納」リフォームで家事を効率化する | 株式会社マツドリフォーム

「キッチン収納」リフォームで家事を効率化する

「マンションのキッチン収納が少ない」「使い勝手が悪い」と悩んでいませんか?
キッチンでは調理器具や食器、食材、家電など多くの物を扱うため、収納がうまく機能していないと雑多になりがちです。
そこで今回は、収納リフォームでキッチン空間を劇的にスッキリさせて、家事を効率化する方法をご紹介します。

マンションのキッチンリフォームで収納力を上げる3つの方法

キッチンの収納力を上げるリフォーム方法は、おもに3つあります。

1) 吊戸棚を昇降式にする
2) パントリーをつくる
3) 収納棚を造作する

1) 吊戸棚を昇降式にする

高いところにある吊戸棚は出し入れしづらいため、どうしても使用頻度が下がってしまい、長期間モノをしまいっぱなしにしているケースが多くみられます。せっかく収納スペースがあっても活用しきれないのでは意味がありません。
手の届く高さまで棚が降りてくる昇降式の吊戸棚へ交換すれば、日常的に使えるようになります。吊戸棚が高すぎて出し入れしづらいという問題がなくなり、貴重な収納スペースの有効活用が可能です。
昇降式吊戸棚には、ボタン一つで棚の位置が下がってくる電動式と手動式の2種類あります。メーカーや仕様などによって費用は異なるため、好みや予算に合わせて選ぶとよいでしょう。

昇降式キッチン吊戸棚

写真出典/LIXIL「リシェル」選べるキッチンパーツより

LIXIL「リシェル」

リクシルの「リシェル」シリーズは、収納の悩みを解決してくれるパーツが豊富でおすすめ。
自動昇降式オートダウンウォールは水切棚も選択でき、シンク回りが劇的にスッキリ。まな板ラック・ふきん掛けまでついて至れり尽くせり。

2) パントリーをつくる

パントリーのイメージ図

動線との連動により頼れる大型収納へ

ウォークインタイプのパントリーを希望する場合、照明・換気の位置も確認しておきたい。また、買い物時など日ごろの動線をプランニング時に伝えれば、的を得た提案をしてもらいやすくなる。

食材のストックをたくさん置きたい、シーズン物の調理器具や食器をしまう場所が欲しい、というような場合には、リフォームでパントリーをつくりましょう。
キッチンで使うものを一ヵ所にまとめて収納できるため、収納スペースが足りない悩みを一気に解消でき、物の出し入れも楽に行えます。災害時に備えて非常食をまとめて備蓄しておくスペースとしても便利です。

パントリーには、壁面に棚を設置する壁面収納タイプと、歩いて入れるくらいの広さがあるウォークインタイプがあります。
キッチンの背面や隣接する部屋をリフォームしてスペースをつくったり、買い物から帰ったらすぐに荷物をしまえるように玄関近くに設けたりと、生活導線が短くなる場所を選んで設置するのがポイントです。
また、壁面収納タイプであれば比較的狭いスペースでも設置しやすいため、マンションに導入しやすく費用を抑えられるメリットもあります。

3) 収納棚を造作する

既製品では収納棚がスペースにぴったり収まらずにデッドスペースができてしまう場合がありますが、造作すれば床から天井までを無駄なく使えるため収納力が大幅にアップします。
収納する物に合わせて奥行きや棚板の高さなどを決めて、素材やデザインをインテリアのイメージに合わせれば、より使いやすくおしゃれな収納に仕上がるでしょう。

スパイス専用の棚

オーダーメイドのスパイス専用の棚

》お客様施工事例「エレガントモダンなオーダーメイドキッチン

家事が楽になるキッチンの収納リフォーム

キッチンの収納をリフォームすると収納力が上がり、使い勝手も向上するため家事効率が格段に上がります。この機会に、ぜひご自宅のキッチン収納を見直してみてください。

▼おすすめの関連記事

スタッフブログ「新築マンションの家具工事

スタッフブログ「キッチンが変わると暮らしが変わる?

お問い合わせ
オンライン相談
来店相談

関連記事

10:00-18:00 日曜・祝祭日定休

Copyright ©  2022 株式会社マツドリフォーム

PAGE TOP