リフォームをするときに考えたいエシカル消費 | 株式会社マツドリフォーム

リフォームをするときに考えたいエシカル消費

わたしたちが消費行動を起こすときの関心事といえば、費用や品質など、消費者にとって直接影響を及ぼすようなことが多いのではないでしょうか?
ところが近年では、さまざまな分野において、人や社会、地域、地球環境などに配慮した消費行動を意味する「エシカル消費」が注目を集めています。
そこで今回は、リフォームをするときにぜひ考えておきたい「エシカル消費」について、解説したいと思います。

エシカル消費とは?

エシカル消費とは、近年、よく耳にするようになった持続可能な開発目標「SDGs」の取り組みのひとつです。
そもそもエシカルという言葉には「倫理的」「道徳的」などの意味があります。
つまり、エシカル消費とは、人や社会、地域、地球環境など、一般的なモラルに配慮した消費行動を心がけようというものです。

生活のなかでできるエシカル消費

わたしたちの身の回りには無数の「モノ」があり、それらを自由に手に入れられますが、その製造から販売に至るまで、多くの人が関わっています。
もしかすると、関わっている人達のなかには貧困や人権などの問題が潜んでいるかもしれません。
「モノ」を購入するときには、その「モノ」の背景について一度考えてみることも必要といえます。
また、地元の店や商品を選んで購入するといった地域への配慮や、食品ロスの削減、CO2排出量の削減に取り組む商品を購入するといった環境への配慮などもエシカル消費を実現するポイントのひとつです。
何か「モノ」を購入するとき、多くの人は価格に注目しがちですが、その背景には、弱い立場の人や環境などが犠牲になっているかもしれません。
これらに配慮した商品やサービスを提供している企業を選ぶことが、わたしたちにもできるエシカル消費といえるでしょう。

リフォームをするときに考えたいエシカル消費

エシカル消費は新たな視点として今後も注目されていくことが予想されます。
そのため、リフォームを検討するときにも、エシカル消費を考慮することがポイントとなるでしょう。
エシカル消費を考えたリフォームとは、例えば、「SDGs」について積極的に取り組んでいるメーカーの部材を選ぶことです。
建材メーカーのなかには、「SDGs」に関する取り組みについて、Webサイトなどで具体的に打ち出しているケースも多く見られます。

その取り組みが確認できるメーカーのWebサイトの例を以下にご紹介いたします。

LIXIL(リクシル)
LIXILがSDGsに貢献できること
Panasonic(パナソニック)
SDGsの取り組み
TOTO(トートー)
SDGs×TOTO接続可能なあしたへのとりくみ
WOODONE(ウッドワン)
自社バイオマス発電所由来の再生可能エネルギーを導入でCO2排出量削減に貢献

これら取り組みを行うメーカーに注目し、部材やサービスを購入することがエシカル消費を考えたリフォームにつながるのではないでしょうか。

ピックアップ!LIXIL「みんなにキレイをプロジェクト」

「世界中の誰もが願う、豊かで快適な住まいの実現」にむけて

リクシルは、専門性と事業規模を活かしたコーポレートレスポンシビリティ活動を通じてSDGsに貢献しています。

「2025年までに1億人の衛生環境を改善する」ことを目指し、2017年より安全で衛生的なトイレの開発と提供、共に課題に取り組むための国際機関とのパートナーシップ、お客さまや従業員の支援を通じ、現在までに約3,500万人の衛生環境の改善に貢献してきました。

開発途上国向け簡易式トイレシステム・手洗いステーションの提供

開発途上向けトイレシステム「SATO」は、安価で壊れにくく、設置が容易で、少量の水で洗浄が可能です。排泄物を流すときに開くカウンターウエイト式の開閉弁がハエなどの虫による病原菌の媒介や悪臭を抑える設計が特徴で、幅広いニーズに応える製品として45ヵ国以上で利用され約650万台を出荷しています。(2022年6月現在、SATOブランド全体出荷数)

さらに、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な流行により、こまめな手洗いの重要性が注目され、手洗いステーション「SATO Tap」が誕生しました。
水道設備のない家庭でも使用可能とし、インドやタンザニアの家庭で使われているそうです。

LIXILは、ユニセフと双方の強みを活かすため、連携して衛生環境の継続的な改善に取り組むグローバルパートナーシップ「MAKE A SPLASH!」を2018年に締結しています。

ユニセフは途上国で地域コミュニティを動員し、基本的なトイレや効果的な手洗い習慣の普及と衛生需要の喚起を推進し、LIXILは実用性のあるSATOブランド製品を通じて地域の人びとの需要に応え、トイレの設置をする職人の育成や持続的な衛生市場の確立や発展に貢献されています。

その活動の一環としてLIXILは、LIXIL商品を1台ご購入につき、1ドルの寄付を実施されています。

ご興味のある方はLIXILのウェブサイトにて詳細情報をご覧ください。

LIXILのウェブサイト詳細情報へ

まとめ

エシカル消費とは、人や社会、地域、地球環境などに配慮した消費行動のことをいいます。
新しい考え方ではあるものの、今後も重要な取り組みとしてカギとなることが予想されます。
これからリフォームを検討している方は、価格だけでなく、エシカル消費への取り組みなどにも注目してみてはいかがでしょうか。

▼おすすめの関連記事

スタッフブログ「かわさきSDGsパートナーに認定

社長ブログ「古い住宅の価値

お問い合わせ
オンライン相談
来店相談

関連記事

10:00-18:00 日曜・祝祭日定休

Copyright ©  2022 株式会社マツドリフォーム

PAGE TOP