耐震補強工事中

現在進行中の築25年木造一戸建て住宅の大規模改修工事中です。

今回のリフォームは、建物全体的に水廻りや内装、外装の模様替えがご要望でした。
そこで計画に当り、建物の診断を行いました。

また、今回のリフォームでは、何ヶ所かの壁の移動をします。

リフォームによって建物強度が低下しないように、
耐震診断を事前に行いました。
それを考慮して設計を行いました。

耐震診断での屋根裏の調査

床下の調査で発見した基礎の大きなひび割れ

折角、屋根や壁、床を壊してきれいに直しますので、建物の耐震補強も一緒に行うことになりました。

土台・柱や筋交い材を固定金物で補強

建物の角の柱は、特に強度が必要です。
基礎と柱を強固に繋ぐため、ホールダウン金物を使用します。

ホールダウン金物で固定することにより、直下型地震などの大きな衝撃を受けた時に、柱の飛び上がり(引抜け)を防止します。

実は、これは重要で、有効な補強方法です。

阪神大震災で、とてもたくさんの方が被害に会い、亡くなられた原因がこれです。
地震での建物の飛び上がりは、地震発生後、数秒間で起こります。
とても逃げる間もなく、一瞬で建物の下敷きになってしまします。

これを予防するのがホールダウン金物の大きな役割です。
耐震補強には、たくさんの箇所や方法があります。 どの箇所、どの方法の補強を優先するか。 それは耐震補強の計画で、とても重要なポイントです。

木造耐震診断士
濱田 泰之

関連記事

PAGE TOP