マドリストに捧ぐ!リノベで理想の間取りを手に入れる方法 | 株式会社マツドリフォーム

マドリストに捧ぐ!リノベで理想の間取りを手に入れる方法

間取りに強い関心があり、間取り図に夢を膨らませる人達のことを一般的に「マドリスト」といいます。

「マドリスト」は、フジテレビ(月曜22時-)において放送されていた 、 リフォームがテーマのドラマ「魔法のリノベ」(放映期間:2022年7-9月/主演:波瑠さん、間宮祥太朗さん)にも登場するなど、広く注目を集めている存在です。また、リノベーションにおいて間取りを考えることは、きわめて重要なテーマであり、欠かせない要素となります。

よって、リノベーションを成功させるには、理想の間取りをつくることが重要なカギとなるのです。

そこで今回は、理想の間取りをリノベーションで実現するにはどうするとよいのか、そのポイントについてご紹介したいと思います。

理想の間取りはリノベーションで実現する?

ライフスタイルに合う理想の間取りは、リノベーションを行うことで効果的に実現できます。
住み慣れた家でも、時間の経過とともに設備などが老朽化すると、使い勝手が悪くなってくることがあります。
また、家族構成に増減があると、部屋数が不足したり、あるいは使わない部屋が生じたりすることなどもよくあるケースです。
しかし、家族の暮らし方に合わせて間取りを変更することで、部屋の数や使い方を自由に変えられます。
例えば、家族の憩いの場となるリビングを大空間にするなど、室内を大胆に再構築できることは間取り変更リノベーションの大きな魅力といえます。
理想の間取りをつくることは、これからも長く、そして快適に暮らしていくためにも、検討しておきたいことのひとつといってよいでしょう。

理想の間取りをリノベーションで実現するポイント

理想の間取りをリノベーションで実現するにはいくつかのポイントがありますが、代表的なものといえば以下のことが挙げられます。

1) 優先順位を考慮する
2) 動線を考慮する
3) 収納力を考慮する
4) マンションの場合は管理規約を考慮する

1) 優先順位を考慮する

リノベーションを行う場合でも、予算が限られていることがほとんどであり、そのなかで優先順位を付けて検討することがポイントになります。

必ず実現したい内容を中心に検討し、優先順位の低いものを取り除いていくことで、理想とするリノベーションへと近づけられます。

理想の間取りをつくるためとはいえ、本当に必要とするものに絞った空間づくりを行うことが重要です。

2) 動線を考慮する

》お客様施工事例「家族の集う円形パソコンスペース

生活のなかで家族が利用する動線を考慮し、間取りを検討することが、リノベーションを行うときのポイントになります。

できるだけ家族の動線が干渉しないよう間取りを配置すると、ストレスの少ない暮らしが実現できます。

とくに、生活のなかで負担の大きな家事を行うための「家事動線」を中心に考えると、時短につながり、余裕も生まれてくるでしょう。

3) 収納力を考慮する

家族が増え、収納力を高めたい場合は、収納スペースを考慮して検討することがポイントになります。

また、収納スペースは、ただ十分な大きさを確保すればよいわけではなく、動線のなかに配置し、効率を高めることも重要です。

例えば、キッチンの横にパントリーを設けたり、洗濯の際の動線上にクローゼットを設けたりすると、多くのムダな時間を省けます。

4) マンションの場合は管理規約を考慮する

マンションの間取り変更リノベーションは、必ず管理規約を確認して行うことがポイントになります。

基本的に、管理規約で禁止されている内容のリノベーションは行えません。

そのため、検討しているリノベーションが行えることを必ず事前に確認しておくことが重要になります。

また、マンションの場合、建物の構造上、撤去できない壁が存在していることがあり、思い通りの間取りがつくれないケースがあることなどは注意が必要です。

まとめ

理想の間取りは、リノベーションを行うことで実現が可能であり、これからの生活を快適なものにするには有効な方法です。 理想とする暮らしは、家族ごとに異なります。 それぞれのライフスタイルに合わせ、ポイントを押さえながら実施することで、理想のリノベーションを実現できるでしょう。

▼おすすめの関連記事

スタッフブログ「リノベーションに適した中古マンション選びで失敗しない為のチェックポイント!

スタッフブログ「リノベーションにかかる費用ってどのくらいが相場? コストを下げるポイントは?

お問い合わせ
オンライン相談
来店相談

関連記事

10:00-18:00 日曜・祝祭日定休

Copyright ©  2022 株式会社マツドリフォーム

PAGE TOP