賢い子供を育てる住まいを造ろう(後編) | 株式会社マツドリフォーム

賢い子供を育てる住まいを造ろう(後編)

幼少期の子供を賢く育てるには、子供が気持ちよく勉強に取り組める環境をつくることが重要になります。

前回の「賢い子供を育てる住まいを造ろう(前編)」では、おもにリビング学習を快適に行うリフォームのポイントについてご紹介しました。
大切な幼少期に寄り添い、集中して勉強に取り組める環境づくりは、適切なリフォームにより実現することが可能です。
しかし、一方で注意しておきたいこともあります。それでは、どのような点に注意した方がよいのでしょうか。

賢い子供を育てる住まいづくりの注意点

さっそく、幼少期の子供に寄り添いながら効果的に学べる空間をリフォームでつくりましょう。
素敵な計画を進める前に、考慮した方がよい注意点について、ここでは3点に絞って簡単に解説いたします。

子供用の収納を設ける

子供部屋の収納例(お客様施工例)

賢い子供を育てる住まいをつくるためのリフォームには、子供用の収納を設けることがポイントとなります。

なぜなら、学習スペースに必要のないものがあると、雑然とするだけでなく、集中を欠き、勉強がはかどらない原因になることがあるためです。

そのため、学習スペースの周辺に子供専用の収納を設置し、必要のないものは片付けるよう習慣づけることが重要になります。
また、棚板のような見せる収納は、書籍など必要に応じて自由に出し入れできることから、ムダを省き、勉強の効率化を図れます。

目に負担の少ない照明を選ぶ

賢い子供を育てる住まいをつくるためのリフォームには、目に負担の少ない照明を選ぶことがポイントとなります。

なぜなら、照明が合っていないと、目を酷使することで視力の低下や頭痛などを招く恐れがあり、やる気を削いでしまうことにもつながりかねないためです。

学習用の照明は、明るければよいというわけではありません。
青白く明るい照明は集中力を高める効果がある一方、オレンジなど柔らかい色の照明はリラックス効果が期待できます。

ちなみに、目への負担は、青白く、明るくなるほど大きくなるとされています。

そのため、調光や調色の機能が付いているものなど、子供の目へのストレスを考慮して選ぶことが重要です。

畳スペースがあると息抜きに最適

リフォーム後画像

》お客様施工事例「ご夫婦二人、竟の住まいのリノベーション」

賢い子供を育てる住まいをつくるためのリフォームには、畳スペースなど息抜きできる場所をつくることがポイントとなります。

なぜなら、集中力を持続できる時間は限られており、学習効率を高めるうえでも息抜きが必要となるためです。
畳スペースがあると、勉強の合間に横になったりストレッチをしたりなど、息抜きに最適な空間となります。

また、子供だけでなく、来客時や家事など、さまざまな用途に使える自由度の高さも魅力です。

例えば、リビングの一角に畳スペースを設けると便利に使えますが、段差のない「フラットタイプ」や一段高くした「小上がりタイプ」など、種類によって空間の使い方も変えられます。

まとめ

賢い子供を育てる住まいづくりは、リフォームをすることで実現できます。

とくに、子供にとってストレスとなるものを取り除き、集中できる環境を整えてあげることが重要になります。

幼少期の子供に寄り添いながら効果的に学べる空間づくりのために、リフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

▼おすすめの関連記事

スタッフブログ「リフォームは、職人さんの腕で決まる

お問い合わせ
オンライン相談
来店相談

関連記事

10:00-18:00 日曜・祝祭日定休

Copyright ©  2022 株式会社マツドリフォーム

PAGE TOP